ホーム > インプラント > 治療の流れ

治療流れ

インプラント治療の手術前〜メンテナンスまでの治療の流れを紹介します。
インプラントについてお気軽にご相談ください。
なお、来院前にご予約くださいますとスムーズに診療が出来ますので、
お時間に余裕のある方は、 ご予約をお願いします。

インプラント手術前

1.口腔内検査 2.CT撮影 3.カウンセリング

インプラント手術前に口腔内検査(問診、視診、触診、口腔内模型印象、レントゲン撮影) を行います。
その後CT撮影をし、症状を確認しながら治療計画、費用、日程ついてのカウンセリングを行います。


インプラント手術当日

1.消毒 2局所麻酔 3.埋入・縫合

インプラント手術当日は、まずインプラントを行う箇所を消毒します。
手術のための鎮静および局所麻酔をし、麻酔が効いたところでインプラント埋入(切開、ドリリング、埋入)を行います。
顎の骨の状態によっては骨移植なども同時に行います。
インプラント埋入後、縫合をします。


インプラント手術翌日

洗浄、消毒

インプラント手術翌日は、インプラントを埋入した箇所に洗浄、消毒を行います。


インプラント手術 1週間から2週間後

1.洗浄、消毒 2.抜糸

インプラント手術1週間から2週間後、洗浄、消毒したうえで縫合した部分の抜歯を行います。


インプラント手術 3ヶ月から4ヶ月後

1.2次手術 2.アバットメントの装着 3.冠の装着

インプラント手術 3ヶ月から4ヶ月後、2次手術(歯肉整形、キャップの交換)を行います。
カウンセリング時にご説明いたしますが、症例によっては不必要となります。アバットメントの装着、印象をします。
アバットメントとは、インプラントを植立するために歯槽骨に打ち込んだネジと、人工の歯を繋ぐ連結部分のことです。
アバットメントの装着後、冠の装着をします。


冠装着から約3ヶ月間隔

1.メンテナンス

冠装着から約三ヶ月間隔でメンテナンス(清掃、洗浄消毒、ブラッシング指導)を行います。